忍者ブログ

After the completing of Akabane vocational training school

リストラ → 赤羽職業訓練校 → 海外就職 → 日本就職 → 職業訓練校2回目を記録したblogです。

まさか(マニラでは当たり前?)の脱力の続き:6月11日の日誌

更に一昨日からの続きになりました。

元々、続きで書こうなどと思っていなかったのにネタを提供してくれます。

本日、急な電話での呼び出しがあり、フィリピンの病院で指定した診断を受けてほしいとのこと。

また、visaを取るために幾つか必要な書類を取りに行ってほしいとのこと。

しかし、その必要な書類を取りに行くにはパスポートが必要。

あのさ、、、、HR部内で個々で勝手に指示を出しているから、そういうメチャクチャなことが起きてるのでしょ。誰かがまとめて手続きを手順化してやれば2日で出来る内容じゃないか。何度も無駄足を踏んだし、正直、呆れを通り越しました。

まとめる者がおらず、個々で勝手に支持を出して内部での連絡はないようです。

ちなみに米国系の大手IT会社の比較的優秀と言われる社員がこんな状態では、というか管理職が何もしてないような会社でも回っているのが不思議です。

余談ですが、この会社の日本支社は外資なのに日系企業らしいと言われて、ドイツ人の社長が来た時に管理職の多くが働いてないのが発覚し、大量のリストラとなったそうですが、フィリピンは現状拡大路線なのでリストラはなさそうですが、数年後には日本と同じ状態になってそうですね。

正直、今日のこれがあるまではフィリピン人と結婚して家庭を持つかな?とも考えてましたが、ちょっと無理そう。

真面目にこんな程度の思考しか無い人達とは、結婚してもその後が続けられなさそうです。

日本人相手に働いて日本人気質を解っている人でないと無理と心底感じました。

一方で、きっとフィリピン人の女性も私のことを、フィリピンの文化や環境を理解せずに日本人の考え方を押し付ける男性とは結婚したくない、と思っているんでしょうね。

フィリピンに来て良かったことは、日本だったら怒りとなることが、

"This is Philippines"

ということで、頭を素早く切り替えられるようになりつつあるところでしょうか。

ストレスを溜めないためにも、怒るのではなく、頭の切り替えが出来るようになりたいものです。

それとふと気がついた事ですが、怒っていると集中力が内面に向かい、外部への意識が散漫になることです。

日本のような安全な国ならともかく、マニラのように治安の悪い国、交通マナーなどの悪い場所でそれをやるのは、ふっとした気の緩みで致命傷を負いかねないので、平常心を持つことの重要性を再確認しました。

にほんブログ村 転職キャリアブログ 職業訓練へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ にほんブログ村 転職キャリアブログ 海外転職・海外転職活動へ
いつも訪問していただきありがとうございます。
クリックしていただけると励みになります。
**************************
こちらが当サイトの人気記事です。

失業保険を受給しながら職業訓練校に通う


測量士補試験の独学&短期勉強方法


危険物乙4試験の独学&短期勉強方法

**************************
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

広告

英作文のフルーツフルイングリッシュ

カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

新着記事

最新コメント

[11/02 NMY]
[10/09 NONAME]
[10/09 NMY]
[04/22 NONAME]
[04/21 にのみや]

PV