忍者ブログ

After the completing of Akabane vocational training school

リストラ → 赤羽職業訓練校 → 海外就職 → 日本就職 → 職業訓練校2回目を記録したblogです。

ローカル肉でサーロインステーキ:5月31の日誌2

日曜日のディナーです。

先日、トライノーマで売っていサーロインを1kg購入してあるので、それを豪快に焼いてみました。

やすい肉だと臭みがあり固いので、売っていたフィリピン産牛の中で一番高いサーロインをかってみました。といっても、キロ600ペソなので、100gで200円にも満たない価格です。

まずは1kgのブロックを50度で洗ってから氷水で締めて水気を切って常温に戻します。



熱さ3cm位に分厚く切って、更に脂身を切除します。

切除した脂身は温める前のフライパンに塗りつけてから、中火でフライパンを温めて温まったら、肉を投入。



以前は格好つけてバターで焼いてましたが、バターだとやたらと煙が出て部屋を換気しないといけないのですが、脂身だと殆ど煙がでなくて良いですね。

1分ほど焼いて肉を返します。



肉を返したら、ここで塩と胡椒をふりかけます。



肉の表面に赤い肉汁が浮かんできたら、火を止めて、ガスから別の場所に移して、蓋をして肉の余熱で火を通します。

今回はミディアムレアを作りたかったので、蓋をしてから3分ほど待ちました。

冷えたローカルワインを添えて出来上がり。



味付けは塩コショウの他に柚子胡椒だけです。

分厚い肉で真ん中はレアですが、ちゃんと火が通ってます。



肝心の味ですが、変な匂いもなく普通に美味しかったです。

それと筋もほとんどありません。

しかし、肉が固い。

私は霜降りよりも肉らしい肉である赤身肉が好きなので、もう少し柔らかくできれば、満足です。

次回は玉葱などを使って柔らかくする工夫が必要ですね。

にほんブログ村 転職キャリアブログ 職業訓練へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ にほんブログ村 転職キャリアブログ 海外転職・海外転職活動へ
いつも訪問していただきありがとうございます。
クリックしていただけると励みになります。
**************************
こちらが当サイトの人気記事です。

失業保険を受給しながら職業訓練校に通う


測量士補試験の独学&短期勉強方法


危険物乙4試験の独学&短期勉強方法

**************************
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

広告

英作文のフルーツフルイングリッシュ

カレンダー

01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

新着記事

最新コメント

[11/02 NMY]
[10/09 NONAME]
[10/09 NMY]
[04/22 NONAME]
[04/21 にのみや]

PV